トップページ
お知らせ
団体紹介
制作事例
料金案内
漫画化家/作家コラム
作家紹介
連載マンガ
お問い合わせ
COLUMNS
CREATORS' COLUMN
読書感想文『B.B.Joker』

画像はBookLive様からお借りしています。

好きな4コママンガは数多ありますが、自分には絶対マネできないと思う作品の1つに、B.B.Jokerがあります。
掲載雑誌のLaLaをふと読んでみたところ、こんな4コマがあるのか!?と一目惚れして新刊を追っかけて買った記憶があります。普段は連載が終わってからコミックスを全巻まとめて買うのですが、追っかけ買いはあまりありません。

この4コママンガを一言で表すと『ダジャレを突き詰めた4コマ』だと思います。
シャープな絵柄に対して、よくみてみるとただのオヤジギャグ。絵とネタのギャップを最大限に利用した上で、ダジャレをマンガとして表現することでさらっと流せるネタにしています。
また、『読者に突っ込ませる』ということを私は常々意識していますが(実践できてるかは怪しいですが)、B.B.Jokerもそこを狙って描かれているように感じて、単なるダジャレも4コマとしてうまく昇華されていると思います。
4コマ目で『なんでだよ!』と思わせるパワーがあります。が、登場キャラクター自体のツッコミもパワーがあります。

B.B.Jokerの制作上の面白い面として『原作者と作画者が別』ということがあります。
先ほどのネタと絵柄のギャップは、男性の原作と、女性の作画から来ているわけです。
また4コママンガでは珍しく原作者がいるのも面白いところです。ネタを頭の中で絵に構成して、それを紙に出力するという作業が分割されているため、ネームから作画の間に大きな障害があることが作者コメントから伺えますが、それを乗り越えて長期連載となり、大人気作品になったのは原作、作画、そして編集のそれぞれの方の努力と試行錯誤の結果かと思います。
また、制作コストや採算の面でも試験的なところがあったのかもしれませんが、珍しいと感じました。

内容もオムニバス形式であり、同時に4コマ1本で完結させるというとてもパワフルなスタイルです。ネタに困る場合はついつい4コママンガをつなげてストーリー漫画にしてしまう作品も多いですが、B.B.Jokerはそういった面でもすごく頑張って作られた作品だなと感じました。

そして作画のかな先生(原作はにざ先生)の力がかなり大きく、1巻と最終巻ではかなり成長された方だと容易に分かります。無茶振りのようなネタを分かりやすく絵にする、というのは並大抵の力ではありません。きっとかな先生も4コマの心得はかなりおありで、原作をうまく調理される地力があっての作品だったかと感じます。同時に、原作が締め切り通り上がってこなくても、作画で巻き返すということを苦悩されながらも実践してきた姿勢には頭が下がります。

単純に4コママンガが好きな方にもオススメの作品ですが、請負でマンガを描く方などには是非全巻読んでいただきたい作品です。

作者:松本餅子
4コママンガ中心に、1ページ~4ページまでの企業向けのマンガを制作しています。
マンガとして誰にでも読んでもらえることを目指し、説明や文字に埋もれないマンガになるように気をつけております。
本業はweb制作、wordpressカスタマイズなどでフリーランスとして活動中です。